2段ベッドが届き、兄弟で誰が一番上に寝るのか、やはり長男

2段ベッドが届き、兄弟で誰が一番上に寝るのか、やはり長男

2段ベッドの一番上は、誰が寝る?長男が寝る・・・

かねてより、子供たちの希望だった2段ベットが先日家に届きました。

 

これまで、同じ部屋に小学2年生の女の子が妻と、中学1年生の男の子がばあちゃんとそれぞれベットで寝ているという特殊な状況でしたが、別に誰が嫌がるでもなく、他に移る部屋がないわけでもないのに、一緒に寝ていたのでした。

 

ですが、さすがに上の男の子が中学生になり、ばあちゃんと同じベットで寝ているのはあまりうまくないのではということで、子供たちとも相談の結果、子供2人で2段ベットに寝るという結論に達したのでした。

 

上で寝るか、下で寝るか少し争いはあったようですが、結局上にはお兄ちゃんが、下には妹が寝ることで子供の話し合いも決着がついたようです。
すこし、妹は不満そうでしたが2段ベットで寝ること自体がかなりうれしそうだったので少し妥協したようでした。

 

それで、部屋の模様替えも昨日ようやく終わり、実際に一夜を2段ベットで過ごす当日、子供たちはうれしいのかなんかそわそわした感じで、見ていてとてもほほえましくなりました。
特に下の子は、これまで妻と寝ていたので、初めて一人でベットに入るという事もあり、枕の横にはお気に入りのぬいぐるみを3つ置いて準備万端整えて、いつもより早めのご就寝となりました。

 

子供たちが一応それぞれちょっとだけ独り立ちしたようで、親としてもうれしい気持ちになりましたが、実はこのベットの移動で子供たちと一緒に寝ないことになった妻はちょっとさびしそうでした。
私としても子供ができて以来クィーンサイズのベットを一人で快適に使用していたのですが、そこに昨日から妻と寝ることになり、少しベットが狭くなるし、久々にとなりに人がいる状況のせいか、あまり寝つけず今日は若干寝不足です。

 

思い返せば私もむかし、3段ベッドに寝ていました。

 

その際も、やはり一番うえは長男が寝るという暗黙の了解があり、一番しただった私は多くの不満を抱いていたことを思い出しました。笑

 

時間の経過とともにさまざまなことが変わっていきますが、それを今回の2段ベットの件で改めて実感しました。 


ホーム RSS購読 サイトマップ